無敵の法則(32)

【頼みごとを拒否された】

よくあることで、何かを頼んだ時に断られることがあります。

実際は、断る方も辛いのですが、断られたときの気持ちについて考えてみます。

家族のように何でも言える関係であれば、自分の気持ちも伝えやすいので気にならなかったりします。

家族でも、その関係がどちらか一方的な場合には何かを頼んで断られると少し感情が傷つくかもしれません。

そして友人に対しても仲の良さによってもありますが、相手が断った理由がわかればそれほど気にならない場合もあります。

さらに近所の人など顔や名前がわかっている人もいますし、飛び込み営業などのビジネスをすると頼み事を断られたりします。

また、外出先で怪我をしたり事故を起こしたりという緊急事態などに断られるということもあるかもしれません。

他にも、お店で少し特別な注文をお願いしたときに断られるなど、相手がサービス業などの客商売をやっているところでも「普段と違うことはやりたくない。」という理由もあって断られたりします。

そんなときには、なんとなく自分を否定されたように感じてしまいます。

さらに、自分には断っていたのに他の人が同じことをお願いしたときに受け入れているのを見た時には悲しくなったりします。

それが地位の高い人で断れなかったりという理由の場合には、自分と差がついているように感じて劣等感を持つこともあるかもしれません。

頼み事については、「断られるのがいやだからやめておこう」という心理が働きます。

断られないようにするには、相手と普段から仲良くなったり、相手のメリットを中心に話をしたり、言うタイミングや他の人を通して言うなど色々な方法が考えられますが、たいていは手間のかかることはあまりやりたくないと思ったりします。

「否定されるときの気持ち」

が1番重要なポイントだと思います。

相手に否定されることはよくあることです。

そして、それを受け入れてしまって自分で自分を傷つけるパターンがあります。

相手が否定したときに、相手には相手の気持ちや状況もありますので、それを認めてあげることが出来るのであれば、自分が傷つくことはありません。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP