アップルウォッチ シリーズ5を買いました。

アップルウォッチのシリーズ5を買いました。

元々、小さいサイズが好きだったので、シリーズ4からは38ミリの大きさが無くなってしまったために「もう新しいのは買うことは無いかな」と思っていたのですが、「スリープ状態でも時刻がわかる」という「本物の時計みたいな」ことが出来ると知って欲しくなりました。

スリープ状態で見えなくなる点は、けっこう困っていました。

思いつくまま、箇条書きにしてみます。

1.手袋をして作業しているときに時間を見ようとしてタッチしても起動しないため、手を動かしてスリープ解除する必要がある。(普通に腕を動かして見ればいいのですが、体勢的にできない時もあります。)

2.マニュアル車を運転中に左手をシフトレバーに乗せたままチラリと見てもわからない。(車にも時計は付いていますが、小さいんです。)

3.会議中にチラリと見ても時間がわからないので、画面をタッチする必要がある。この場合、腕を動かして時計を見ると周囲の人に「時間を気にしているな」という事がバレる!

4.腕を動かしてもスリープから復帰しない事があるため、時間を見るためにわざわざ顔の近くまで手首を近づける動作が習慣化してしまった。スマートでは無いかなあ。

5.まあ、普通にこのようにキーボードを打っている時にはスリープになるので、チラリと見ても時間がわかりませんでした。

これらの事が解決されるというので喜んで買いました。そして正解です!

ちょっと見て時間がわかるのが非常に便利です。

いまだに時計を顔に近づけて時間を確認する習慣が残っていますが、じきに治るでしょう。

アップルウォッチで何が便利かというと、

1.LINEのメッセージやスタンプ、画像が表示される。簡単な返信もできる。

2.思いついた事を音声認識でメモ出来る。運転中はスマホを触れないので便利。

3.スマホを持ち歩かずに電話を受けられるので、散歩の時に持ち歩かなくなった。と言いたいところだが、ドラクエウォークを始めたのでしばらくはスマホと共に散歩します。

4.アクティビティのアプリを最近は気にしていて、30分のエクササイズを含むリングの完成が楽しい。毎日1万歩以上歩いています。

5.簡単に天気がわかる。

6.Todoistを見る事ができる。

7.Evernoteも使える。どちらかというとカンニング的な使い方をしています。事前に準備をして、なにかのときにチラ見しています。

8.スケジュールがわかるのが便利。TimeTreeを使っています。

9.外出中に瞑想をする時にストップウォッチとして使っています。

10.ベルトを替えるのが簡単なのでいつも気分に合わせて替えています。楽しいです。

11.防水なので海で泳ぐ時にもつけていました。

12.トランシーバー機能は知り合いが持っていれば便利そう。

シリーズ5になって、あまり白い色の多い文字盤を使うと電池の持ちが短そうなので、いつもながらのシンプルな画面で使っています。

ところで、以前は手首にヤケドのような症状があって困っていました。アルミホイルをセロテープで貼ると防げるのですが、なんとなくスッキリしない。

で、解決策としては「キツくしめすぎない」という事ですね。空間を少し空けておけば大丈夫そうです。あるいはアップデートで何か解決されたのかもしれませんが、今は問題ありません。

で、今回はセラミックのモデルを買いました。1番高かったのですが、「まあずっと使うし、白いのが欲しい」という単純な理由です。

白いバンドが付属で入っていました。どちらかというとプラスチックの時計みたいで安っぽく見える気がします。

高級感はどうかなあ。ロレックスと比べるとイメージがだいぶ違います。つけていても、何かが違います。どちらも最高の技術で作られている点では同じですけどね。

そういうわけで、いくつか写真を撮りましたので掲載します。日にちや時間がバラバラです。このブログのために撮り溜めました。

ちなみに、ほぼ読み返さないでアップするのがこのブログの特徴ですので、誤字脱字等がありましたらすみません。

では、ギャラリーをどうぞ。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP