無敵の法則(1)

@はじめに

あなたは「雑草」と聞いてどういうイメージを思い浮かべるでしょうか。

「いらないもの」
「邪魔」

というイメージはありますか?

もしも、あなたが

「雑草みたいだね」

と言われたときには、どのように思いますか?

人によって反応は色々とあります。雑草のような人間というと、

「自分はいらない人間」
「自分は邪魔な人間」
「ずうずうしく呼ばれてもいないのにでしゃばる人間」

と否定的にとらえる場合があります。

そして、それを言われた後の行動は色々とあって、人それぞれです。

言った相手に反論したり、反論せずに落ち込んだり、誰かに相談したり、場合によっては泣いてしまうこともあるでしょう。

これは自分を否定されたと感じたときにとってしまいがちな行動です。

自分を肯定的に生活している人の受け止め方は、

「雑草のようにたくましいのかな」
「生命力を感じるのかな」

などと思ったりします。

「なぜかわからないけど気持ちが落ち込んでしまう。」

という場面にあったときの解決方法について、書いていきたいと思います。

また、逆にあなたが誰かを励まそうと思って

「雑草みたいだ」

と言ってしまったときに、受け手が違う意味に取ってしまって困ったこともあるかもしれません。

このような、

「知らないうちに誰かを傷つけてしまった」

ということを未然に防いだり、その対処方法についても書いてみたいと思って、「無敵の法則」として記事をアップしていこうかと思います。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP