無敵の法則(12)

【すぐに答えずに時間をおく】

あなたは、相手に間違った理解をされたときはありますか。

そんなとき、その場で反論や弁明(いいわけ)をしない方がいい場合もあります。

「違うんだけどな」

と思いつつも黙っているのは辛いところですが、より良い結果をもたらすことがあります。

反論しないで黙っていると、

「相手の意見を受け入れたことになる。」

とか

「それを認めたことになる」

と考えている人も多いかもしれませんが、大抵の場合は、あとで訂正することはできます。

注意点としては、

「第一印象は最後の印象」

という言葉をご存知でしょうか。

最初の印象で決まってしまい、後から訂正をしてもうまくいかなかったり手間がかかるような場合も存在します。

でケースバイケースで注意が必要ではありますが、「黙っている」という選択肢を使うことも出来るようになっていると良いと思います。

 

もし、緊急ですぐに反論をしないといけない場合には、相手の気持ちに対して同意しつつ、結論を待ってもらうようにお願いすることも試してみましょう。

また、契約や人間関係のトラブルですぐに結論を出さないといけない状況で相手が間違っている場合でも、どちらかというと少し時間をおく方が効果的な事例が多くあります。

次のような場合について考えてみましょう。

1.相手の意見が、どれもこれも間違っていると思うとき。

相手があなたに対して思っていることについて「全部だめ」「まったく理解されていない」「考えが浅はか」「事実誤認」とあなたが感じているような状況ですと、どれかひとつに反論してもわかってもらえる確率は低いですし、もし仮にひとつが理解されたとしても他の点を理解してもらうことに苦労するでしょう。

そのような相手に対しては「あとでお話をします」という程度にして、その場では反論せずに要点を考え直した方がよい場合があります。

どちらかというと、「なぜそのように思ったのか」という情報収集の場にした方が良いと思います。もしあなたが反論を始めてしまうとじっくりと深いところまで相手のことを聞き出すことが出来なくなってしまいます。

じっくり話し合いができるのであれば、話し合いをするのが1番です。もし話し合いができないようであれば、誤解がさらに膨らむ可能性があるので少し時間を置いた方がよいと思います。

 

2.相手が感情的になっているとき

相手が怒っているときには、何を言っても受け入れてもらえない可能性があります。

あなたが落ち着いて話をした場合には話を聞いてもらえる場合もありますが、その話の内容が相手を思いやるものであれば良いのですが、あなたがもし弁解をしたり説明をした場合には相手の感情は収まりません。

相手が怒っているときだけでなく、悲しみや喜びの場合でもそうですが、感情的になっているときにはあなたの話を聞いてもらえる可能性が低く、あまりよくない方向に行く場合もありますので後日改めて話をした方がよいと思います。

 

3.自分が感情的になっているとき

自分が感情的になっているときには、「自分の感情を抑えたい」という気持ちが優先してしまうため、自分のことを相手にうまく伝えられなくなることが多くなります。

「自分の感情を抑えたい」というのは、自分を無理にコントロールしようとしたり、相手の気持ちや考えをその場で変えようとする行動をしてしまうことに繋がりますが、大抵はうまくいきません。

できれば、自分自身が冷静になるまで何も言わない方がいいかもしれません。

 

4.忙しくて時間がないとき

時間が無い時には、結論を急いでしまいます。相手に対して理解を求めるよりも「わかった」という言葉や態度を求めてしまう場合があります。

相手は納得していないのに頭を下げさせられたということで感情をこじらせる場合もあります。

結論を急ぎすぎるとよい結果が得られないことが多くありますので、後日にした方がより良い結果になる場合があります。

 

5.自分の考えについて確信が得られないとき

相手に対して「何か言っておかないと」という気持ちが優先してしまうと、よく吟味されていない内容の話を伝えてしまう結果になることがあります。

「これを言えばいい」という確信を持って話をしてもうまくいかないときもあるぐらいですので、自分の考えがまとまっていないときには少し時間を置くことをお勧めします。

 

ーーーーーーーーーーーーー

その場の感情で「つい言ってしまった」とことはありませんか?

逆に、「何も言い返せなかった」と辛い気持ちになりつつも、「言わなくてよかった」という経験はありませんか。

冷静に自分のことよりも相手のことを思って話をすることができればいいのですが、それ以外の場合には少し時間を置いてみることをお勧めします。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP