無敵の法則(22)

【部分と全体】

例えば、あなたの髪型が変だったとしましょう。

何かを指摘された時に、

「全部を否定された」

と感じてしまうときがあります。

通常、人はあまり相手を褒めません。

理想としては、

「あなたはいつもいい、あれについてもいい、これも素敵、いつも素晴らしい、尊敬している」

とまで言われながら、

「あれ、今日はたまたまかな、他は完璧なのに髪型だけ少し気になる。」

という言われ方をすれば、まだセーフかもしれません。(人によってはこれでもアウトかもしれませんが)

そして通常の生活の中では、「あなたを褒めたり理解している」という相手からのメッセージが無い状況で悪い部分だけ伝えられてしまう場合があります。

色々な状況があると思います。

「あなたのことを知らないが、その部分が気になって指摘した。」
「あなたのことを素晴らしいと思っていて、その部分が気になる。」
「あなたのことを素晴らしいと思っているのは伝わっていると思うから、今回はその部分だけの指摘」

という場合もあります。

もちろん、

「あなたのことが何から何まで好きじゃなくて気に入らないから、さらに追加で良くない点を指摘した」

という状況もあるかもしれません。

いずれにせよ、その指摘があなたの全部というわけでありません。

あなたのやっていること、考え方、必ず良いところがいくつもあるはずです。

いいところと良くないところを数えれば、必ずよいところが上回っていると思ってもよいぐらいです。

ですから、何かあなたの欠点を指摘されてしまった場合は、あくまでも相手が「その部分だけ気になった」ということが問題で、場合によっては1度に複数指摘されるかもしれませんが、全部を否定されたと思って落ち込むことはありません。

もちろん、あなたが1番気にかけていることだったり、その1点のために何かがダメになってしまって落ち込むこともあると思います。

それでも、そこで否定的にならずにいれば、もっと素晴らしい人生へと進んでいくことが出来るでしょう。

ただ、これはとても難しいことで、難しい人もいると思います。

あなたが自分のことを自分で褒められるようになっていればスムーズですが、そういう習慣がない人もけっこういらっしゃるようです。

意識的に自分を褒めることと、他人に何かを言われた時には「それは部分的なこと」だという認識を持つと、少しは気持ちは楽になるのでオススメです。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP