無敵の法則(42)

【お金を使って本当に買いたいものは何か】

人によってお金の使い道は異なります。使える金額も違います。お金に対する考え方も違うでしょう。

さて、ここで質問です。

「あなたの買いたいものは何でしょうか?」

「欲しいもの」ではなく、「もしお金があったとしたら」というのとも違った質問です。

今、何か買いたいと思うものはありますか?

人によっては、

「買いたいものはあるけど、基本は全額貯金」

または、

「貯金したくないから無理してでも欲しくないものでも買う」

という答えもあるかもしれません。

「借金の返済があるので何も買えない」
「生活費で全部消える」

ということもあるでしょう。

もちろん、多そうな答えとしては

「◯◯を買う」
「旅行に行く」
「食事にいく」

という感じではないでしょうか。

通常、以前よりもお金に余裕が出てくると他人との競争をする気持ちが出てきて、高級なカバンや車などを買うパターンがあります。

あるいは、自分にとって快適なグッズを揃えたり生活の環境を整えるのも楽しそうです。

おそらく多くの場合、お金を使う目的は

「安心感」

ということが言えるのでないでしょうか。

食べ物や家を買うのは生きていく上で必要なものですし、他人と自分を比較している人はそれなりの服やカバンなどを入手します。

商売でお金が無いと思われないようにするための武装として、あるいは清潔感を維持するためにお金を使うこともあると思います。

貯金をするのは将来への安心、借金を返すのは「心の負担が減る」という面もあります。

まだ手に入れていないものがある場合、「入手しないと落ち着かない」という心は物を購入することで落ち着きます。たいていの場合、次に欲しいものが出来てしまうので永遠に繰り返されますが。

もしかすると、このように思う人もいるかもしれません。

「安心感が欲しくてお金を使うというのはあたりまえ。なにをいまさら」

そうです。いまさらですが、一応それに気づいていない人もいるかもしれませんので文章にしてみました。

なぜこれを文章にして伝えたかったかというと、

「お金が無い」ということを心配して不安になっている人に対して少し落ち着くことが出来るかもしれないと思ったからです。

自分が不安だったり緊張しているときに、その原因がわかったときに気持ちが落ち着くときがあります。

今、もしもお金のことで悩んだり心配している人がいらっしゃいましたら、少し分析してみると対策も考えられるかもしれません。

また、「心配をすると心配がやってくる」ということもあるようです。

今、もしも生活がなんとかなっているのであれば、不安なことを思うよりも安心できることに注意を向けていたほうが幸せですね。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP