無人島へ行くときは、これだけあればいい

「超越瞑想と悟り」は、今は絶版になってしまっています。

私は色々な本を読みますが、この本を超える良書は無いと思います。

超越瞑想を学んでいる人はもちろん、学んでいない人にもオススメです。

この世の中の本当の姿というか、色々な法則、そして人はどのように考え、どのように行動するのか、等々について解説されています。

その解説も、バガヴァッド・ギーターという戦場での物語についての解釈という感じです。

都会で生きていく上でも、無人島でも、この世のすべての仕組みと生き方について書かれている内容なので、どこでも役に立つ知識が書かれています。

何度も読み返していますが、読むたびに発見があります。「こんなこと書いてあったっけ?」と思うこともしばしば。

自分の成長と共に理解が深まります。

そして、理解が深まると同時に、この本の素晴らしさを再認識できる喜びもあります。

この本は約2,200円でしたが、内容の濃さからいうと激安です。

数億円の絵画よりも価値があるのは、見て楽しむものでは無くて自分が輝くからですね。

 

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP