趣味のカメラ

なんだかんだで、カメラなどの機材を色々と買ってます。

でも、今まで誰かに「カメラが趣味」と言ったことがありません。どちらかというと「興味がある。」ぐらいです。

私の会社で販売している金色の印鑑やアクセサリーを撮影するために機材を揃えてきたので、どちらかというと必要があったという感じで、「仕事」でもなく「趣味」でもなく、まさしく「興味」という感じです。

ちなみに、「カメラが趣味」というとカメラやレンズの構造やデザインが好きな人に思われるかもしれませんが、普通は写真を撮影して見て楽しむことを言うんでしょうね。

まあ、それはともかく、D800E、D4Sとレンズをいくつか持っている状況で風景の写真などを撮っているのであれば、やはり自分的には「趣味」と認定してもいいのかな、と思う今日このごろです。

でも、アマチュアと呼ばれる人たちの写真を見てもレベルが違いすぎるので、今のところは「趣味にしたい」というレベルのような気もしています(笑)

なんといっても、カメラのレベルが凄すぎて、適当に撮った写真がすごいことになっていたりします。

このブログで写真を公開していく予定ですので、たぶん数年後には腕も上がっていると思うので私の成長ぶりの記録として見ていただければ幸いです。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP