無敵の法則(45)

【リーダーが間違うとき】

人はよく間違うので、リーダーといえども間違えます。

一応、補足的に言ってみると短期的な視野では間違っていても、長期的な視野で見ると間違っていないこともあります。また、間違っているようでも大きな問題がなければ良いという見方もありますし、ありのままの状態を受け入れられれば「間違い」という観念もないと言えますが。

それはそれで、そんな感ですが話を続けます。

「リーダーとしてやらない方がいいこと」については色々とありますが、今回は「みんなの前で話をする」という場面を考えてみましょう。

やってはいけないというか、やらない方が組織の雰囲気がよくなることです。

よく言われることですが、

「褒めるときはみんなの前で。怒るときはみんなの影で」

というやり方があります。

これはすぐにわかることですが、みんなの前で怒られると恥ずかしいです。その場を立ち去りたい気分になるでしょう。そして、次にまた何かをしたときに同じようにされると思うと緊張します。

これは組織に緊張を与える行為です。

逆にみんながいないところで怒るのは、個人的なことなのでその人の面目が立ちます。怒ると言っても、本当は「正しい道を示す」だったり「効率よく成功するノウハウ」を伝授するなど喜びの場になっても良いと思います。

失敗した人は本人も充分にわかっていますので、励ましてあげられると素晴らしい上司になります。

上司はみんなを助けることが出来る人であって欲しいと思います。

また、こんな上司はいませんか。

「いいことを朝礼で話す上司」

この場合は、確かにみんなの役に約立つ話ではあるのですが、どちらかというと上司が自分のことをみんなに認めてもらいたい気持ちなどがあって、他の人達から見ると「自分のことしか考えていない」と思われてしまうこともあります。

自分の経験や、みんなに本当に伝えたいことがある場合には違和感なく聞き手に受け止められると思いますが、「誰かの受け売り」や「新聞で読んだ良い話」はどちらかというと朝礼ではやめておいた方が無難な気がします。「つまらない」と思われることがありますし、テンションが下がる人もいるかもしれません。

特に新聞は「その記事は自分も読んだ」という人がいる場合には、その記事をきっかけにして自分がどう思ったかという事を中心に話をしないと「人間が薄っぺらい」と言われることになるかもしれません。

その記事をきっかけに「みんなを励ます」「みんなは素晴らしい」「やっぱりこの組織は最高」という話にするのであればとても良いと思います。

あるいは、ただ新聞記事をを読むだけの場合でも「組織にとって良い記事」「みんなの役に立つ記事」を選んで発表するのであればそれは全然違います。「みんなのために代表して毎日新聞を読んでいる」のは、組織に「与える」という行為ですので賛同者は多いと思います。

これについてはケースバイケースで上司の普段の態度なども含まれますので具体的な事例にはなりませんが、より良い組織になることの基本は「みんながいい気分でいること」だと思います。

みんなの気持ちは置いてきぼりになっていないか。

みんなを楽しませているか。

みんなに安心感を与えているか。

貴重な時間を奪っていないか。

こんなことを考えながら、部下に安心を与えることができる人が良いリーダーだと思います。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP