消費税10%は計算が楽!

消費税を8%から10%にする判断を政府が年内に行うことになっています。

たまに聞きますが、「8%より10%の方が計算が楽だよね」という人がいます。

確かにそうです!

でも、とにかく自分の使うことのできるお金が減ってしまうんですが、なんか流されていませんか?

今、もしも国民全員が立ち上がれば、「消費税ゼロ」も実現します。

そうすると、計算は何もいらないんですよ~。

日本は世界的に見てお金がある国です。政策がうまく行っていないためにデフレが続いています。

他の国で消費税を上げてうまくいっている例があったとしても、日本はもともとうまく行っていたのですから問題ありません。

お金がまわっていないから税収が減っているだけです。

今は日銀が大量に国債を買っていても市中にお金が回っていません。それが1番の問題です。

お金が回っていないから税収不足→増税

ではなくて、

お金が回っていないから税収不足→積極財政

であるべきです。

なし崩し的に8%→10%になるのは止めなければなりません。

私だって、8%よりも10%の方が計算が楽だからいいですよ。

でも、ここに来て思うのは、いきなり5%→10%だと猛反対されるけど、5%→8%よりも8%→10%の方が反対者は少ない気がします。

5%→8%でもなんとかなった経験があれば、なおさらです。

でも、ほんとよく考えましょう。

経済の話は、自分が使えるお金を可処分所得と言ったり、難しい単語が出てくるのでとっつきにくいかもしれませんが、

「景気が良くなれば税収は増える」

これだけは覚えておきましょう。

消費税を上げるのではなくて、景気を良くすることです。

景気が良くなって、みんなの収入が増えれば犯罪も減り、少子化の問題も解決されるでしょう。

消費税8%の計算が大変であれば、せめて5%に戻すように政府に働きかけましょう。可能であればゼロに!

景気が良くなれば増税してインフレ防止を考えるとしても、今の段階は減税が必要です。

まあ、でもこの現代社会は根本的に何か間違っている気もしていますが・・・。

もっと質素で、人々が助け合うような生活がいいなぁ。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP