パスワード変更のタイミング

最近はアメリカ大統領選挙が気になって、その話題を入れながら他の事を投稿しています。

別けた方がいいような気もしますが、わざわざ投稿するような内容でも無い気がしていますので、とりあえずこのスタイルで。

ここ最近のスタイルになりますが、まずはアメリカ大統領選挙の話題。

すでに「大統領選挙」とか「ドミニオンによる不正」は忘れられた過去の話になって来ていると思います。

今は「アメリカ発の全世界の大変化は起こるのか?」という話題に移ってきています。

このまま「陰謀論」に巻き込まれていくのか、自分自身でもわかりません。

でも確かにスッキリしない点があります。

まず、1番の関心事として「現在は軍が政権を握っている」という点です。これには、トランプ大統領が任期中に軍に政権を渡して、それが続いているという説があります。ではなぜバイデン政権が動いているのでしょう?あの人達は自覚して演じているのでしょうか。

ホワイトハウスでの様子がニュースで出ていますが、あれはハリウッドのスタジオとか、クリントン博物館とか言われています。もうそれだけで2つの違った情報がありますね(笑)

「ワシントンのホワイトハウスは閉鎖中で誰も入れない」という話になっています。その地下には無数の通路があって敵が隠れているという話もあります。いったい、その話はどこから出てくるのでしょう。

1月20日の就任式は爆弾の爆発の予告があったために大量の逮捕劇が見送られたと言われています。小型の核爆弾が6個あるというのは把握していたが、それ以上あったということです。この話が本当であれば、ちゃんと把握出来ていない状況で進んでいるので結果もわからないのでは無いかなあ、と思ったりします。

こういう情報があると、「本当かなあ、どうかなあ」と思って見ているのでけっこう面白いです。

現在、バイデン大統領が次々に大統領令にサインしていますが、それは合衆国としての活動実績が無いと共和国に譲ることが出来ないためという話もあります。それってどの法律なのでしょう?実績ってどの程度なのか明確になっていない、フワッとしたものなのか?そして、それを判断するのは誰なのか?けっこう謎が多いのであまり気が乗らない話です。

次に、「アメリカ軍は民意が必要」ということで、バイデン政権が変な政策を行ったり違法な事をやって国民の7割ぐらいが反発して「軍部にお願いする」という機運が高まるのを待っているという話もあります。たぶんですが、戦場では誰かの評価や民意に関係なく、勝てるときに勝ちに行かないと負けると思いますし、敵を倒してからゆっくり説明すればいいことなので、これは普通の一般の人が考えたことかなあ、と思ったりします。ちなみに、そのためにワザと反感を買うように軍部がすでに逮捕して演技をさせているという話もあります。

また、中国では習近平氏の所在が不明で、4つの派閥が争っているという話もあります。それが収束するまでアメリカは待つという人もいますが、待つ必要性はよくわかりません。いずれにしても、もっと上の人が決めているという説は本当のような気がしています。

それと、今は「闇の10日間で、世間で発表されることは何も信じていはいけない」という話も広まってきています。そうすると今月中はこのままな感じかな。とりあえずワシントンは7日連続で短時間ですが停電があるようです。大量逮捕されているとか。花火も上がっていますが報道はされていないかも。

このように、興味深い話が色々とあります。

世界的に見ると、いくつかの国で内閣総辞職などが起こっているのが連動しているという話もありますが、偶然かもしれませんし何とも言えません。

状況的に言える事ですが、こうして色々な情報を見ていると「1月6日に議会に突入したのはトランプ大統領の指示では無い」という事はわかります。

前の日に「ペンス副大統領はやってくれる」と言っていましたし、「10日間、選挙を改めて見直す」という発言も出ましたし、上院下院でそれぞれ選挙に意義を出す人たちがいると事前に発表されていました。トランプファンはみんな、議会が開かれるのを待っていたし、そこで良い結果になると信じていました。

それなので、議会に突入することはあり得ません。逆に、それを阻止したいグループがわざと入っていったという話には共感できるところがあります。それは天安門事件など色々な国で平和なデモ隊を危険な組織へとイメージを変える同じ手段が使われているという話があります。

突入の計画を知っていた議員やマスコミもいるということですし、トランプ大統領の演説が行われた時間が遅れたのはそのためとも言われています。演説が始まった頃に突入があったそうで、それもあり得ないし、イギリスでの緊急速報が突入の前に報道されたというウワサもあります。

こんな感じで全体的に興味深いのですが、あれこれと考えたくない人、デマのような話はつまらない人はまったく興味を示さないですね。

そういえば、「これから戦争が起こる」「災が起こる」というような不安な事を言っている人は「大丈夫かな」と思います。不安や心配を増長するだけです。

基本的に、楽しく不安なく気楽に生きていると良いことだらけの人生だと思っています。実際、私は過去に色々な事がありましたが今の生活は問題ないので、これからも色々とあるかもしれませんが気持ちの持ち方で幸福は維持できると思っています。

心配や不安を持つとインチキをしたり盗んだり誰かを批判する元になるので、アメリカ大統領選挙の話題ではちょっと気になる人もいます。

また、「金融リセットで今までの苦しみから開放される。」という人の気持もよくわかりますが、それが無くても「今、しあわせ!」という事に気づいて普通に過ごすのが基本だと思っています。まあ、それはそれで楽しいですけどね。

長くなりましたが、あとひとつ。「2月にコロナ騒ぎが終わる」という話があります。アメリカ大統領選挙のために騒いでいただけで、実際はインフルエンザと変わらないので、大げさにせずに今まで通りに過ごせば良い、という事です。インフルエンザは特効薬があるのでだいぶ違う気はしますが、死亡者数や患者の数はかなり盛られているという話です。

アメリカでは死因をコロナにするとお金がもらえるとか。

インフルエンザ予防でもマスクは必須と思いますが、過度の自粛は終わればいいな、と思います。

さて、本題です(^^;

パスワードの変更については頻度は少なくていいと思っていました。変更して紙に書き留めて机の引き出しに入れるよりも、ひとつのパスワードを頭の中に入れてそれを使っている方が安全だという感じです。

しかし、昨今の様子を見ていると情報漏えいがけっこうあります。銀行のインターネットのパスワードが他のウェブサイトと一緒だと気になりますし、漏洩したときには気が付かないうちにお金が無くなるかもしれません。(不安を煽ってますか?w)

まあ、銀行でなくてもインターネット上のサービスを使っていて、中のデータをいじられたり自分がログイン出来なくなるのも困るので、それぞれ違うパスワードを使ったり、定期的にパスワードを変えるのは有効だな、と思うようになりました。

最近はパスワードを管理してくれるアプリも増えていますし、ブラウザでも記憶してくれるのでパスワードの管理は楽になっていると思います。

本題が短いですが、以上です。すみません、今日も読み返さずにアップします。誤字脱字、意味不明がありそうです。ごめんなさい。

関連記事一覧

  1. morimasaya.jp
  2. morimasaya.jp
PAGE TOP