コーヒー中毒?

コーヒーが大好きで、いつも飲んでいました。甘党なので砂糖も多く入れていました。ミルクの代わりにアーモンドミルクを入れたりとか、砂糖も黒砂糖やココナッツシュガーなど色々と試したりしていました。

カフェインには強いみたいで、寝る間際に飲んでも大丈夫です。遅くに帰ってきて、ほっと一息のコーヒータイムを過ごして寝ることもありました。寝付けない事はありません。

それで、ちょっと砂糖の取りすぎかな、と思って減らしていく過程でタンポポコーヒーやカフェインレスコーヒーなども試すようになっていきました。

それで、ふとYouTubeで「カフェイン中毒」という動画が出てきたので観て観ました。知らないうちにカフェイン中毒になっていたのかも知れないと思いつつも、特に問題は無さそうな気がしていました。

で、試しにカフェイン抜きをやってみました。

お茶も避けて、カフェインレスコーヒーも避け、もちろんエナジードリンクは普段から飲みません。

頭痛や身体の変化があるのかと思いましたが、目が痛くなって、そこからの頭痛が少しありました。パソコンやスマホのやりすぎなのかと思いますが不明です。1週間ぐらい問題は無く、その後は少しお茶を飲んだりたまにコーヒーを1日1杯ぐらい飲んだりする生活だったりしました。

身体の変化としては、たしかに何かイライラすることがあった気がします。イライラと言っても「なんかやだな」ぐらいですが、そんな感じがたまにありました。コーヒーを飲むと中毒症状が無くなるというわけではなく、たぶん身体への影響は常にあったのかも知れません。

ここ数日は再びカフェインレスな生活です。このまま続けたいのですが、土日の朝はコメダにコーヒーを飲みに行くのが好きなので、それは継続かな、と思います。

また、仕事の関係上、お茶を飲むことも多いので完全に断つことは出来ませんが、まあほどほどの生活を過ごそうかな、という感じです。

タバコ、お酒、コーヒーも「シチュエーションが好き」というのがあります。楽しいひとときです。好きな時間です。

今は仕事もあるし、色々と責任もありますので健康を第一に過ごしています。定年退職して年金で暮らすようになったら、全部復活したいなー、とも思いますが、一気に体調不良になって「やっぱやめた」になりそうな気もします。まあ、ほどほどに楽しめる人生がいいのかも知れませんね。

さて、今日も少しだけトランプ大統領の話題。今ある説はいくつかあります。「軍が政権を握っていて、トランプ大統領が指示している」というのと「3月20日までに外国からの選挙の介入が認められた場合にはトランプ大統領が9月までの任期になるという大統領令(?)にサインした」というのと「誰も大統領では無く、FEMAの管轄下にある」というのと、「バイデン大統領は正式なもの」というような感じでしょうか。

ホワイトハウスが閉鎖されていたり、ラトクリフレポートの話が本当だとすると、これから大逆転になりそうですが真偽がわかりません。

裁判で選挙の不正が1つでも認定されると発動されるらしく、今月中に確か2件ぐらいの裁判が始まると思います。正式な裁判で選挙の不正が認定されると、国民の理解も得られますから、今のところはその流れが有力のようです。裁判官が信用できないという話もあったのですが、それはなんとかなりそうという前提のようです。

弾劾裁判で有罪になると上記のシナリオがどれもダメになるそうなので民主党は頑張ったのかもしれません。トランプ陣営はホッとしたという話もあります。元ネタの情報源はどこなのか、いつもながら不明です。

あと2週間ぐらい後には、また新しい進展が見られるかもしれません。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP