金本位制の復活?

morimasaya.jp

最近、「金本位制の復活」の話をけっこう聞きます。調べてみると、以前から言われていたんですね。

特に、アメリカの大統領選挙の話題が盛り上がってからは金本位制の話題も含まれてきています。トランプ大統領が再選された場合には実行されるという話をしている人たちがいます。

現在は信用創造でお金をいくらでも刷れるので、お金の価値が実際は無いのと同じです。一部の人達は好きなだけお金を作ることが出来ます。一般の私達とは考え方も生き方も違うのでしょうね。

そんなわけで、それを是正したいと思う人がいるのか、あるいは一般の人の希望的観測なのか不明ですが、無秩序な状態が続いているので無限に生み出せる人も困っている事態が発生しているのかもしれません。

今回のアメリカ大統領選挙は、同じフリーメイソンの中でロスチャイルド側とロックフェラー側との戦いという情報もあります。中国とアメリカの中央銀行はロスチャイルド系で、アメリカのドルはアメリカ政府が発行しているのではなくロスチャイルド系のFRBから借りていて賃料を払っているらしいという話です。

過去、それを変えようとしたリンカーン大統領、ケネディ大統領がどうなったか、という話もよく聞きます。

金本位制になるとどうなるのかは想像できません。また、たとえば石油がどんどん出てきますので、それをお金に変えられるはずだと思うとお金を生み出すことは出来ると思います。

まあ、それはともかく金の価格は上がり続けていますね。20年ぐらい前には純金積立を毎月やっていました。あるとき、利益が出たので全部売ってしまいましたが持っていればけっこう値上がりしていました。

ということで、これを機に「金の価格が上がりそうだな」と思ったのですが、株などの投資は趣味的にやろうと思っているので少しだけ買ってみました。

基本的に、「お金を増やす」と考えたときには「ビジネスで増やす」と考えています。株などの投資は当たると大きいですが失敗もあります。私には向いていないと思います。株式や投資信託は所有していますが、超長期で考えています。短期的な売買はけっこう大変なので今は他のことに注意を向けたいな、という感じです。それなりに集中しないと利益は出ないので。

ということで、2020年のオリンピックの前はJリートの投資信託をけっこう買っていましたが2020年の早いうちに全部引き上げてアメリカ株式のインデックスファンドを購入していました。今回は戦争になるかも、ということなのでとりあえず売りました。

アメリカで中国企業の数社が上場廃止や、軍事関係への投資の禁止などがあり、売る人が増える可能性があるかもしれないと思いました。ただ、売った人は何かを買うと思うのでトータルでは下がらないかもしれません。興味深い状況なので参加してみます。

という状況で、ごくまれに投資状況を見直しますが、たとえば全世界インデックスファンドは継続しています。昨年のコロナ騒ぎで株価が下がったときも特に動きませんでした。あのときに買って資産を2倍以上にした人もいますが、私はマイペースで行きます。

1番良いのは、自分の資産に振り回されずに毎日が楽しいと言えるような、自分のやりたいことをやって言いたいことを言う人生です。

また、今の自分の生活を「最高!」と言える人生が最高なので、お金を儲ける方に一生懸命になるとライフスタイルが乱れます(笑)

そういうわけで、金本位制度にもし移行したとしても、それなりに楽しくすごしていければいいので特に自分の生き方は変わらないかな、と思っています。生活の変化はあると思いますが。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP